藤田スケール

竜巻

ご想像のとおり、ハリケーンや地震を測定する尺度があるのと同じように、竜巻の強さを測定する尺度もあります。 このスケールはとして知られています 藤田スケール。 これは、竜巻による被害を引き起こす強度と能力のレベルを表す尺度です。

この記事では、藤田スケールのすべての特徴と重要性について説明します。

竜巻とは

藤田スケールの改良

まず、竜巻とは何か、竜巻の特徴は何かを知る必要があります。 竜巻は、高い角速度で形成される空気の塊です。 竜巻の端は間にあります 地球の表面とcumulonimbus雲。 通常は短時間ですが、エネルギー量の多いサイクロン大気現象です。

形成される竜巻は、さまざまなサイズと形状を持ち、通常、数秒からXNUMX時間以上の間続く時間があります。 最もよく知られているトルネードの形態は 漏斗雲、その狭い端は地面に接触し、通常、その周りのすべてのほこりや破片を引きずっている雲に囲まれています。

竜巻が到達できる速度は 65および180km / hで、幅は75メートルです。 トルネードは、形成された場所に静止するのではなく、領域を横切って移動します。 彼らは通常、消える前に数キロまで移動します。

最も極端な場合は、回転できる速度の風が発生する可能性があります 450 km / h以上で、 幅2kmまでを測定し、100km以上のルートで地面に触れたままにします。

藤田スケール

風速値

竜巻とは何かがわかれば、藤田スケールを使って竜巻の強さを推定していることがわかります。 これは、竜巻が引き起こす可能性のある被害に基づいて、重大度に応じて竜巻を分類するための尺度です。 このスケールは、1971年に、米国の暴風雨予測センター(暴風雨予報)であるAllan Pearsonと共同で、気象学者であるアメリカの研究者、藤田哲也によって作成されました。 それはすぐに科学と気候のコミュニティによって採用されました。

藤田スケールは、風の力とダメージを与える能力を確立しようとします。 この竜巻スケールのさまざまなポイントを見てみましょう。

  • 風力F0: これは、60〜120km / hの風速の存在を表すスケールの一部です。 ここで観察された損傷は、枝の破損、交通標識の変形、テレビアンテナの曲がりなどです。 それらは深刻な問題を引き起こさない小さな損傷です。
  • 風力F1: それらは時速120〜180kmの速度の穏やかな風です。 床タイルの破損、トレーラーの転倒、車の破壊などの損傷を引き起こします。
  • 風力F2: これらは時速180〜250kmの風です。 この風速で発生する被害は、建物の壁や屋根の破損であることがわかります。
  • 風力F3:250〜330 km / hの速度で風を拾う強度です。 この風速では、家屋の壁や屋根が完全に壊れたり、森林が完全に伐採されたりするなどの被害が見られます。 このような場合、強風のために家の壁や屋根が飛んでいるのが見えます。
  • 風力F4:330〜420 km / hの風速に対応します。 ここでは、基礎のない建物や車両が完全に転倒したなど、より集中的に発生した損傷が見られます。 これらのブレア竜巻の激しさは、人間の命を奪うので非常に心配です。
  • 風力F5: 420から510km / hの範囲の値を持つ最も極端な風に対応します。 被害は建物の全壊、電車の移動などです。 藤田スケールで最高のレベルで、一番気になります。

藤田スケールの諸相

藤田スケール

この規模の竜巻のいくつかの側面は、損傷した構造物の建設の質を考慮に入れていないなど、考慮に入れる必要があります。 それは、古い建物や安価な材料で建てられているために低価格の建物がたくさんあるので、考慮すべき重要な側面の後です。 これらの場合、竜巻の強度を破壊能力の関数として同じ精度で測定することはできません。

それを示した多くの研究があります 藤田スケールは、風速カテゴリー3、F4、F5を過大評価しています。 これは、竜巻の際に根こそぎにされた建物の材料の品質が考慮されていないためです。 したがって、2006年に米国国立気象局によって作成されたこのスケールの改良版があり、現在は建物や構造物のタイプを考慮して、28の損傷指標に基づいています。 改良藤田スケール(EF(Enhance Fujita))は、被害による竜巻の強さを評価する尺度です。 2007年の夏から米国で使用されています。

スケールの改善

改良された藤田スケールで分析されるさまざまなポイントを見てみましょう。

  • EF0 :部分的に屋根(瓦、タイル)、側溝、煙突、損傷した羽目板が取り外された部品。
  • EF1 :屋根部分が完全に取り外され、外部ドアが取り外され、窓が壊れた。
  • EF2 -堅固な家に屋根が吹き飛ばされ、家が完全に破壊され、大きな木が壊れたり根こそぎにされたりした。
  • EF3: 堅固な破壊された家、ひっくり返った列車、樹皮が茂った木、上げられた車の床。
  • EF4 -よく建てられた家や吹き飛ばされた車、多くの物体がミサイルに変わります。
  • EF5: 頑丈な家が流され、車ほどの大きさの物体が空中に吸い込まれます。

この情報で藤田スケールとその特徴をもっと知ることができれば幸いです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。