福島事故から10年

福島の10年

過去11年2011月9.1日は、すべての人、特に日本人によって常に記憶されます。 それは国の歴史全体の中で最も激しい地震の日です。 マグニチュード15で、日本の北西海岸全体を襲ったXNUMXメートルの津波を引き起こしました。 地震が壊滅的だったので、 福島第一原子力発電所 それは電気を使い果たし、3基の原子炉のうち6基の炉心溶融を引き起こした。

この記事では、福島事故からXNUMX年を振り返ります。

重傷

原発事故の犠牲者

私たちは歴史を通して失敗から学びましたが、まだ多くの深刻な傷があります。 福島は、人為的災害であった原子力発電の残りの歴史が特徴です。 浄化に数十年かかる汚染地域がまだあります。その解体により、起こりうる問題と、解決策なしに蓄積された数千立方メートルの有毒廃棄物について疑問が生じます。 法的な問題もあり、原子力に対する国民の深い不信感もあります。

約2.500人がまだ公式に行方不明になっています。 死亡者には、重傷や損害賠償に相当する6.000人が追加されています 福島第一とその周辺のすべての浄化を含まない約235.000億ユーロ。 当時、20万人の住民が原子力発電所周辺の36.000キロメートルの強制空室に含まれていた場所から避難していました。 現在、XNUMX人の人々がまだ戻ることができませんが、実際の数字は公式の数字よりはるかに高いかもしれないと多くの人が考えています。

立ち去らなければならなかったすべての人々への国家援助と、すべての避難者のためのプラント運営者の話し合いは尽きました。 震災からXNUMX年経った今でも被害は甚大です。 市の一つは、それが完全に強制避難の半径であったということです最も苦しんだものです。 今回の震災後、生活を完全に立て直すことができた人はほとんどいません。

福島原発事故の余波

高い配給レベル

そのような原子力災害が豊富な心理的影響を生み出す一方で、高血圧や糖尿病などの他の身体的疾患がはるかに一般的なストレスの産物になっていることは明らかです。 除外ゾーンには 大量の放射性廃棄物が存在するため、まだ回収が困難な領域である2.4% 死に至る可能性があります。 この時期に開業しているエリアの健全性についても疑念があります。

グリーンピースは、政府が責任を負っている除染エリア全体の85%を非難しました それでも、そこに住む人々にとって危険な可能性のある有毒なレベルのセシウムを示しています。 しかし、日本政府は、すべての健康リスクが管理され、開放されている地域が完全に安全であることを保証しています。 オリンピックに静けさのメッセージを伝え、地域の復興のための完璧なショーケースになるように努めています。 オリンピック聖火は今月下旬に福島で始まります。 東京への旅、福島はいくつかの大会を主催します。 専門家は、放射線被ばくに起因する可能性のある住民の健康への有害な影響は発見されていないことを明らかにしています。

社会的連帯

福島の汚染水

これが社会的連帯の出番です。 この大惨事に苦しんでいない人々の側に連帯があることが重要です。 避難者は東京として帰国することを奨励されるべきである 建物、道路、その他の表面の除染に約27.000億ドルを投資しました。 また、黒いビニール袋の山に蓄積された数百万平方メートルの表土と植生の除去も含まれていますが、それらは長期的に保管する方法を知るためにまだ保留中です。

すべての当局は、とりわけ技術部門と漁業部門の両方の企業を引き付けようとしています。 日本全体を活性化するためには、東北の復興が欠かせません。 私たちは、経済全体と人口の回復を促進しなければなりません。 おそらくこれまでで最も深刻な問題は福島の解体です。 そしてそれは そこにある最も物議を醸すものは、原子炉から溶融燃料を除去するプロセスです。 費用は750.000億ドル近くになる可能性があり、2050年まで完成しない可能性があります。

いくつかの研究とレビューでは、XNUMX基の原子炉の暫定カバーで予想よりも高い放射線レベルが見られました。 瓦礫の溶融燃料の状態についての実際の評価はまだありませんが、作成できるすべての計画は非常に危険です。 多くの人々は、ニュースが人口をより落ち着かせるために化粧をしていると思います。

今日の最も差し迫った問題は 汚染された水をどうするかは不明です。 汚染された水は、原子炉と、氷の障壁が設置されているにもかかわらず地下に漏れた水を冷却するために使用されました。 原子力発電所には、危険な放射性元素のほとんどを除去するのに役立つ処理システムがあります。 ただし、環境中に自然に発生する水素の同位体であるトリチウムは除去できません。

政府は、汚染された水を今後数十年にわたって徐々に太平洋に注ぐことを提唱していますが、この提案は、 漁業部門はこの分野で頭を上げ始めています。 汚染された水が投棄された場合、別のさらに悪い災害が発生する可能性があります。

以上を踏まえて、福島第一原発事故から10年が経過した後のニュースを簡単にまとめます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。