小惑星帯

小惑星帯

小惑星は、太陽の周りを回る岩だらけの天体に過ぎず、惑星と同じ大きさではありませんが、同じような軌道を持っています。 多くの小惑星が私たちの太陽系の軌道で発見されました。 それらのほとんどは 小惑星帯 みなさんご存じのとおり。 この領域は火星と木星の軌道の間にあります。 惑星と同様に、それらの軌道は楕円形です。

この記事では、小惑星帯、その特性、および重要性について知っておく必要があるすべてのことを説明します。

主要な機能

小惑星帯の位置

それは小惑星帯またはメインベルトと呼ばれ、私たちの地域にあります 太陽系 木星と火星の軌道の間で、内惑星を外惑星から分離します。 多数の特徴があります 小惑星と呼ばれる、不規則な形とさまざまなサイズの岩の多い天体、 準惑星セレスを伴います。

メインベルトの名前は、海王星の軌道の後ろにあるカイパーベルトなど、太陽系の他の宇宙オブジェクトと区別するためのものです。 Oort Cloud、太陽系の最端に位置し、太陽からほぼ光年離れています。

小惑星帯は数百万の天体で構成されており、炭素質(タイプC)、ケイ酸塩(タイプS)、金属(タイプM)の950つのタイプに分けることができます。 現在、XNUMXつの最大の天体があります:パラス、ベスタ、シギア、ジュノと最大の天体:直径XNUMXキロメートルの準惑星として分類されているセレス。 これらのオブジェクトは、メインベルトの半分以上の質量を表しています。 月の質量のわずか4%に相当 (地球の質量の0,06%)。

それらは太陽系の画像で非常に近くに示され、密な雲を形成していますが、真実は、これらの小惑星が非常に離れているため、その空間をナビゲートしてそれらのXNUMXつと衝突することは困難です。 それどころか、それらの通常の軌道振動のために、それらは木星の軌道に近づきます。 その重力で小惑星の不安定性を引き起こすのはこの惑星です。

小惑星帯の存在

宇宙の岩

小惑星はこの帯だけでなく、他の惑星の軌道にも見られます。 これは、この岩の多い物体が太陽の周りに同じ経路を持っていることを意味します。 しかし、心配することは何もありません。 小惑星が私たちの惑星と同じ軌道にある場合、それは衝突して災害を引き起こす可能性があると思うかもしれません。 これはそうではありません。 クラッシュするかどうかを心配する必要はありません.

惑星と同じ軌道にある小惑星は、一般的に同じ速度で移動します。 したがって、彼らは決して会うことはありません。 これを行うには、地球の動きを遅くするか、小惑星の速度を上げる必要があります。 これは、それを行うための外力がない限り、宇宙空間では起こりません。 同時に、運動の法則は慣性によって支配されます。

小惑星帯の起源

宇宙の小惑星

小惑星帯の起源について最も広く受け入れられている理論は、太陽系全体が原始太陽星雲の一部に由来するというものです。 言い換えれば、これは、太陽系で最大の惑星である木星からの重力波の干渉が原因の一部として、散乱物質がより大きな天体を形成できなかった結果である可能性があります。 これは 岩の破片は互いに衝突するか、宇宙に放出され、最初の総質量の1%しか残りません。

最も古い仮説は、小惑星帯が原始星雲で構成された惑星である可能性があることを示唆していますが、それは何らかの軌道衝撃または内部爆発によって破壊されています。 しかし、ベルトの質量が小さく、このように惑星を爆破するのに必要なエネルギーが非常に高いことを考えると、この仮説はありそうにないようです。

これらの小惑星は、太陽系の形成に由来します。 太陽系は約4.600億年前に形成されました。 これは、ガスとほこりの大きな雲が崩壊したときに起こります。 これが起こると、ほとんどの物質が雲の中心に落ちて太陽を形成します。

残りの問題は惑星になりました。 ただし、小惑星帯にある物体が惑星になる可能性はありません。 小惑星はさまざまな場所や条件で形成されるため、同じではありません。 それぞれが太陽から異なる距離で形成されます。 これにより、条件と構成が異なります。 私たちが見つけたオブジェクトは丸くはありませんでしたが、不規則でギザギザでした。 これらは、このようになるまで他のオブジェクトとの継続的な衝突によって形成されます。

小惑星と隕石の違い

小惑星は、太陽系におけるそれらの位置に従って分類されます。 他のものは地面に近いのでNEAと呼ばれます。 また、木星を周回するトロイの木馬も見つかります。 一方、ケンタウロスがあります。 それらは、オールトの雲の近くの外側の太陽系にあります。 言い換えれば、それらは長い間重力と地球の軌道によって「捕らえられた」のです。 彼らはまた立ち去ることもできます。

隕石は地球に衝突する小惑星にすぎません。 この名前は、大気圏に入ると、流星と呼ばれる光の跡を残すために付けられました。 それらは人間にとって危険です。 しかし、私たちの大気は、それらが接触すると最終的に溶けるため、それらから私たちを保護します。

それらの組成に応じて、それらは石、金属、またはその両方である可能性があります。 隕石に関する多くの情報を得ることができるので、隕石の影響もプラスになる可能性があります。 接触したときに大気が完全に破壊しないほど大きい場合、損傷を引き起こす可能性があります。 その軌道は、人間が太陽系と宇宙に対して持っている監視技術のおかげで、今日予測することができます。

この情報で、小惑星帯とその特徴についてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。