太陽が昇る場所

太陽が昇る場所

きっと何度もあなたは自分の向きを変えたいと思って見たことがあります 太陽が昇る場所。 子供の頃から、太陽は東に昇り、西に沈むといつも言われてきました。 また、西洋の映画には常にその兆候が見られます。 巨大な太陽が地平線に降り注ぐこの典型的なオレンジ色の夕日は、夕日の特徴ですが、日の出と日没は、あなたがどこにいるかによって大きく異なります。 太陽は本当にどこに昇るのですか?

この投稿では、あなたがそれについて知る必要があるすべてをあなたに話します、そしてあなたは私たちの最大のスターからあなたを導くことによってあなた自身をはるかに良く配置することをあなた自身に教えることができるでしょう。 あなたは主題についてもっと知りたいですか? すべてを見つけるために読んでください。

古代文明の太陽

日没

私たちの偉大なスター 太陽系 それは宇宙で修正されています。 しかし、地上の観点から、それ以来動いているように見えるのは彼です、 一日中、それはその位置を変えます。 オブジェクトの動きは、オブザーバーに対して発生します。 このため、古代文明以来、動いたのは太陽であり、地球ではないと考えられていました。

古くから自然の要素に特別なカルトを与えてきた多くの文明があります。 それらのほとんどで、太陽は私たちの土地を照らし、作物に光を与えたものだったので、すべての中で最も称賛された要素でした。 彼らの動きの研究は、時間は一日の終わりに空の太陽の位置に基づいていた古代の時計を作成するのに役立ちました。

このようにして、太陽の位置と日々の行動が調査されました。 今日では、 私たちが持っている日光の時間数は季節によって異なることを私たちは知っています。 これは、に起因するものです 地球の回転、並進、栄養の動き。 さらに、私たちが暑さと寒さに本当に影響を与えるのは、地球と星の間の距離ではなく、太陽光線が地球の表面に当たる傾斜です。

これは常に科学者たちを落ち着かせず、後になって太陽ではなく地球が動いていることが発見されるまで、太陽はどこに昇り、どこに沈むのでしょうか。 オブザーバーの位置に応じて、それは変わることができますか、それとも私たちを導き、方向付けるための絶対的なオプションですか?

枢機卿のポイント

日の出と日没

闇は常に邪悪で否定的な行動に関係しています。 これが、古代文明以来太陽が研究されてきた理由です。 彼らはいつも太陽がどこに昇るのか疑問に思っていましたが、論理的には思えますが、そうではありません。

これが機能の出番です 枢機卿のポイント。 これは、私たちが地図上で自分自身を導き、常に自分自身を方向付ける方法を知るのに役立つ参照システムです。 これらの基本的なポイントは国際的に標準化されているため、誰にとっても同じです。 これらの世界標準化された基本的なポイントは、北、南、東、西です。

理論的には、太陽は東に昇り、西に沈みます。 これは何百万もの人々から何百万回も言われるのを聞いたことがあります。 もし私たちが畑の真ん中で迷子になったとしたら、きっと誰かが「太陽は東に昇り、西に沈む」と言ったでしょう。 しかし、知るのはそれほど簡単ではありません、 この声明を疑わせるいくつかの矛盾があるからです。

太陽は本当にどこに昇るのですか

空の太陽の道

いつも言われているように、太陽が東に昇るということを知っておく必要がありますが、それは年にXNUMX回しか起きません。 これは、地球の傾斜とその回転および並進運動が、太陽が昇る基点となるためです。 それらは常に同じ場所にあるとは限りません。

それが西に置かれると言うとき、それは東と同じように起こります。 年にXNUMX回しか出ません。 これは、一年の季節を通しての日数について上で述べたことと関係があります。 太陽光線が地表に到達する傾斜と、地球が軌道の特定の瞬間に持つ並進運動に応じて、 太陽は東の枢機卿に近づくかどうか。 春と秋のエクイノックスの間、それはちょうど年にXNUMX回だけそれをします。

これらは、地球が太陽と整列し、その光線が完全に東に出て西に沈むことができる瞬間です。

エクイノックスとソルスティスの重要性

翻訳軌道

日の出と日没を知るためには、エクイノックスとソルスティスが非常に重要な要素です。 春と秋のエクイノックスの間 太陽光線が可能な限り垂直に私たちに到達する唯一のXNUMXつの瞬間です 地表に。 一方、ソルスティスの間は、光線がこれまで以上に傾いていることがわかります。

これらの要素を考慮に入れて、XNUMX日を通してシーズンの終わりに当たる日照時間数を把握します。 したがって、枢機卿のポイントを固定し、太陽が昇る場所を正確に知るために、その並進軌道における太陽に対する地球の位置をよく知ることが重要です。

エクイノックス以外の年の残りの期間中、太陽は春と夏にやや北に昇りますが、月には 寒い秋と冬はもう少し南向きになります。

ご覧のとおり、この天文学ではすべてが白黒であるとは限りません。 太陽が東に昇るということも、西に沈むということも正しく言えません。 したがって、フィールドをガイドするために、より信頼性の高い他のタイプの標識を使用するか、時間がエクイノックスに非常に近づくまで待つことができます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。