太陽が形成されたとき

太陽が形成されたとき

太陽のおかげで、私たちは地球上で生命を維持できます。 地球はハビタブルゾーンと呼ばれる領域にあり、太陽から離れているおかげで、生命を追加することができます。 しかし、科学者たちは常に疑問を抱いてきました 太陽はいつ形成されましたか そしてそこから、今日の太陽系がどのように生成されたか.

この記事では、太陽がいつ形成されたか、その特徴と重要性について説明します。

太陽とは

太陽系

私たちは、太陽を地球に最も近い星と呼んでいます (149,6 億 XNUMX 万 km)。 太陽系のすべての惑星は、その重力と、それに付随する彗星と小惑星に引き付けられて、太陽​​系を周回しています。 太陽は私たちの銀河系ではかなり一般的な星です。つまり、他の星よりも大きくも小さくも目立ちません。

それは、その生涯の主系列を通過する G2 黄矮星です。 天の川のはずれにある渦巻き状の腕の中にあり、 その中心から約26.000光年。 太陽系の質量の 99%、つまり同じ惑星のすべての惑星を合わせた質量の 743 倍 (地球の質量の約 330.000 倍) を占めるほどの大きさです。

一方、太陽は、 直径は 1,4 万キロメートルで、地球上空で最大かつ最も明るい天体です。、 彼の存在は昼と夜を区別します。 電磁放射 (知覚される光を含む) を絶え間なく放出しているため、私たちの惑星は熱と光を受け取り、生命を可能にしています。

太陽が形成されたとき

太陽が最初に形成されたとき

すべての星と同様に、太陽は大きな分子の雲の一部であるガスやその他の物質から形成されました。 雲は 4.600 億年前に自らの重力で崩壊しました。 太陽系全体は同じ雲から来ています。

最終的に、ガス状物質は非常に高密度になり、星の核を「点火」する核反応を引き起こします。 これは、これらのオブジェクトの最も一般的な形成プロセスです。

太陽の水素が消費されると、ヘリウムに変換されます。 太陽はプラズマの巨大な球体で、ほぼ完全に円形です。 主に水素 (74,9%) とヘリウム (23,8%) で構成されています。 さらに、酸素、炭素、ネオン、鉄などの微量元素 (2%) が含まれています。

太陽の可燃性物質である水素は、消費されるとヘリウムに変化し、「ヘリウム灰」の層が残ります。 この層は、星がその主なライフ サイクルを完了するにつれて増加します。

構造と特徴

太陽の特徴

コアは太陽の構造の XNUMX 分の XNUMX を占めています。 太陽は球形で、自転運動のために極がわずかに平らになっています。 その物理的なバランス (静水力) は、その質量と内部爆発の推力を与える巨大な重力の内部カウンターウェイトによるものです。 この爆発は、水素の大規模な核融合の核反応によって生成されます。

タマネギのように層状になっています。 これらのレイヤーは次のとおりです。

  • ヌクレオ。 一番奥のエリア。 星の 139.000 分の XNUMX を占め、半径は約 XNUMX km です。 これは、太陽で巨大な原子爆発が起こった場所です。 コアの引力は非常に強いため、この方法で生成されたエネルギーが地表に上昇するのに XNUMX 万年かかります。
  • ラディアントゾーン。 それはプラズマ(ヘリウムと電離水素)でできています。 この領域により、太陽からの内部エネルギーが外側に放射されやすくなり、この領域の温度が大幅に低下します。
  • 対流ゾーン。 この領域では、ガスはもはやイオン化されていないため、エネルギー (光子) が外部に逃げることはより困難であり、熱対流によって行う必要があります。 これは、流体が不均一に加熱されることを意味し、潮のように、膨張、密度の損失、および上昇と下降の流れを引き起こします.
  • 光球。 これは、太陽から可視光を放出する領域です。 太陽の表面であると考えられているのは深さ約 100 から 200 キロメートルの明るい層ですが、それらは暗い表面の明るい粒子であると考えられています。
  • 彩層。 光球自体の外側の層は、前の層の輝きによって隠されているため、より半透明で見えにくくなっています。 直径は約10.000キロメートルで、日食の際には外側が赤みを帯びて見えます。
  • 太陽の王冠。 これらは外側の太陽大気の最も薄い層であり、最も内側の層に比べてかなり暖かいです。 これは、太陽の性質の未解決の謎の XNUMX つです。 低密度の物質と強力な磁場があり、その中をエネルギーと物質が非常に高速で移動します。 また、多くの X 線の発生源でもあります。

太陽の温度

太陽の温度は地域によって異なり、すべての地域で非常に高いです。 中心部では 1,36 x 106 ケルビン (摂氏約 15 万度) に近い温度を記録できますが、表面では約 5778 K (約 5505 °C) まで下がり、 次に、1 または 2 Rise x 105 Kelvin で上に戻ります。

太陽は大量の電磁放射を放出しており、その一部は太陽光として見ることができます。 この光の出力範囲は 1368 W/m2 で、距離は地球から太陽までの距離である XNUMX 天文単位 (AU) です。

このエネルギーは惑星の大気によって減衰され、明るい正午には約 1000 W/m2 が通過できます。 太陽光は、赤外線が 50%、可視スペクトルの光が 40%、紫外線が 10% で構成されています。

ご覧のとおり、私たちが地球上で生命を維持できるのは、この中間星のおかげです。 この情報で、太陽がいつ形成され、どのような特徴を持っているかについて理解を深めていただければ幸いです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。