気候とアレルギー

天候とアレルギーの変化

人間の免疫システムは、人々を発芽させることができず、場合によってはアレルギーを引き起こす可能性があります。 最も正常なことは、アレルギーが、他の影響の中でもとりわけ、継続的でスキャンダラスなくしゃみ、鼻づまり、および一定の鼻水を引き起こすことです。 ザ・ 天気とアレルギー 彼らは多くの人々に関係しています。 そして、天候の変化にアレルギーを持つ人もいます。

したがって、この記事では、天候やアレルギーに対する最も一般的な反応について知っておく必要のあるすべてのことを説明します。

気候とアレルギー

花粉の状態

このタイプの人々では、最も一般的なアレルギー反応は通常、鼻炎、アレルギー性結膜炎、および皮膚炎やいくつかのやや重篤な状態などのいくつかの症状です。 私たちが鼻炎について話すとき、私たちが最も露出しているときに通常私たちに影響を与える継続的なくしゃみ、私たちがうまく呼吸できない鼻づまり、そして鼻の絶え間ない滴りを意味します。 鼻炎は、通過アレルギーの最も不快な症状のXNUMXつです。 それらは非常に厄介な症状であり、時には私たちが通常の生活を送ることができない場合があります。 絶えず料理をしたり、くしゃみをしたり、鼻をかんだりするのは、まったく楽しいことではありません。

天候とアレルギーの別の症状は結膜炎です。 彼らは通常、かゆみや目の炎症などの症状があります。 目が真っ赤に変わる人もいます。 皮膚炎では、皮膚やじんましんの湿疹が引き起こされる可能性があります。 最後に、気象条件やアレルギーのいくつかは、より深刻で、消化器系や呼吸器系を攻撃する可能性があります。 気管支ぜんそく。

天候やアレルギーの原因

天候の変化に対してアレルギーを持つことは、遺伝的負荷と私たちを取り巻く環境から来ています。 私たちは皆、さまざまな種類のアレルゲンに対するアレルギーに苦しむ、または苦しむことのない遺伝的素因を持っています。 いくつかの有機体はそれが私たちの免疫システムを作るような方法で組み合わせることができます 特定の刺激または物質に対して誇張された否定的な反応を生成します アレルゲンと呼ばれています。 患者がこれらの薬剤にさらされると、患者は一連の細胞および生化学的現象に対して過敏症の状態になり、各人に応じてさまざまな方法で反応を引き起こします。

最も一般的な症状は上記の症状ですが、その強度と頻度は、各タイプの人とアレルゲンへの曝露の程度によって異なります。 アレルゲンはアレルギーの原因となる薬剤です。 これらには、食品、医薬品、花粉、化学物質、真菌、カビ、ダニ、動物の鱗屑などの浮遊粒子などがあります。 これらのアレルゲンが有機体と接触すると、免疫系はそれらを危険な物質として認識し、上記のように思われる反応である攻撃で身を守ります。

風は、植物の花粉を分散させて、植物の分布領域を拡大する責任があります。 そのため、天候の変化がアレルギーを引き起こす可能性があります。 そして、季節を変えると、 風、その強さ、方向もそうです それに加えて、植物は開花期を開始します。 これは、彼らが花粉を生成してその領域に広がることができる開花期です。

関連する気象変数

アレルゲンがアレルギー症状の原因であることがわかったので、天気とアレルギーがそれとどのように関係しているかを見てみましょう。 天候の変化自体に対するアレルギーは存在しないことを理解する必要があります。 ある期間の環境や人の環境を特徴付ける気象変数の変化によって症状が現れるわけではありません。 これ自体はアレルゲンではありません。 多くの場合、気候の変化は、空気中の特定のアレルギー物質の濃度の増加の引き金となり、それがアレルギー患者の粘膜の反応に寄与するものです。

これらの症状に最も関連する気象変数を分析します。 気温と湿度の突然の変化は、通常、アレルギー患者にいくつかの症状を引き起こします。 そしてこれは、粘膜がこのシナリオに反応するためです。 気温と湿度の変化は炎症を引き起こす可能性があります。 一方では、低温は鼻と気管支の選択に変化をもたらします。 これは、自分自身が 彼らは壁を収縮させ、防衛機制を減らします 自然に空気で。 これらの変化は呼吸器ウイルス感染症を引き起こします。

逆に言えば、春の到来をますます期待していることがわかります。 スペインの落葉樹は20年前より約50日早く発芽します。 この変化は、受粉期間が長い植物の発育を変えます。 これが続くと、花粉にアレルギーのある人が毎年この問題にさらされる時間が長くなることを覚えておいてください。

風の効果

whileは、考慮すべき最も重要な気象パラメータのXNUMXつです。 菌の胞子や花粉を空中から移動させる役割を担っています。 春の風が強すぎる日は、アレルギーのある方は外に出ることをお勧めしません。 アレルゲンの分散と濃度は、風で生成される混合物に依存します。 その方向と速度に応じて、浮遊粒子数を実行し、大気質を調査して、アレルギー患者の利益のために注意深い予測を作成することができます。

そのおかげで、 今日、私たちは毎日空気中の花粉の量を示すデータを持っています 粘膜の反応を避けるために、予防措置として外出するべきか、それとも家にいるほうがよいかを知るためです。

天気やアレルギーも関係しています 環境内の湿度、雨、霜の量。 そして、これらの気象プロセスが環境のフィルタリングまたは浄化を引き起こすということです。 これは、花粉粒が雨滴に捕らえられ、重いため、地面に落ちて堆積したままになることを意味します。 春のアレルギー患者は、晴れた風の強い日には症状がさらに悪化し、雨の日には改善することがよくあります。

この情報で、天気とアレルギーの関係についてもっと学ぶことができれば幸いです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。