ビデオ:南極大陸に現れた40kmの亀裂の上をドローンが飛ぶ

南極大陸

南極大陸は溶けています。 温室ガスの制御されていない放出の結果として惑星の平均温度が上昇するにつれて、氷はまるでそれが強い夏の太陽にさらされたアイスクリームであるかのように溶けています。

南極では、気候変動の劇的な証拠がますます増えています。 最後は わずかXNUMXか月で長さがXNUMX倍になった巨大な亀裂、そしてこれは、ハレーVIと呼ばれる南極大陸に恒久的な研究拠点を持つ科学組織である英国南極調査のドローンによって記録されています。

科学者がそれを呼ぶように、ハロウィーンの亀裂は、 長さは40キロメートルで、近くにあった研究基地の避難を余儀なくされました。。 幸い、Halley VIはXNUMXつのモジュールで構成されており、スキーに取り付けられた油圧レッグを使用して取り外したり牽引したりできるため、新しい隙間から簡単に移動できます。

それでも、それらが現れるという事実は問題です。 世紀の終わりまでに、世界のこの地域の気温は6℃上昇する可能性があります で述べたように この記事ではつまり、地球の他の地域で期待されていることの半分です。

英国南極調査のドローンによって記録されたビデオは、本当に衝撃的です。 すでに大陸である南極大陸に現れた巨大な亀裂をはっきりと見ることができます 今年の初めに、ラーセンCと呼ばれる最大の氷山のXNUMXつが崩壊しようとしていることが検出されました.

したがって、南極大陸だけでなく、地球全体で、気候変動の影響を打ち消すために本当に効果的な対策を講じることが非常に必要です。 そうしないと、壊滅的な結果を招く可能性があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。