人類中心主義

人類中心主義の特徴

今日は、宇宙における人間の中心的な位置を確認する一種の教義についてお話します。 それは 人類中心主義。 この思考の流れの中で、人間が責任を負い、すべてのものの中心にあることがわかります。 人類中心主義の観点から重要性を分析すると、すべての人間の利益だけが道徳的な注意を払うべきであることがわかります。 これは、中世に支配的だったテオセントリズムの別の種類の代替手段です。

この記事では、人類中心主義とその特徴について知る必要があるすべてをお伝えします。

主要な機能

人類中心主義

テオセントリズムは、神が宇宙の中心と見なされ、すべてを指示した初期の教義でした。 人間の活動を含みます。 これらの神聖な弱点は時間とともに歴史の中で重要性を失っていたので、すべての責任は人間に与えられました。 このように、道徳的な注意を引くのは人間の利益だけであり、何よりも重要な問題です。 神中心主義から人類中心主義への移行は、神々が持っていたすべての責任とその重要性が人間になることを意味しました。 これは、知的分野と芸術分野の両方で大きな変革を引き起こしました。

それは現代の初めに、まさに中世後期と現代の間の伝達の中で起こったことを私たちは知っています。 それまでに ほとんどすべての文明は、倫理的、道徳的、司法的、哲学的な分野の両方ですでに進化していた。 これにより、彼らは宇宙全体の責任者を知ることに一定の懸念を抱くようになります。 古代文明のいくつかの哲学の知識をまだ与えるならば、私たちは人間の起源が何であるかを見つけようとするいくつかの科学的調査を見つけます。 これらの調査により、当時の社会はテオセントリズムに疑問を投げかけました。 言い換えれば、人間の起源を探すとき、興味が失われ、神々が宇宙の中心であるという事実が疑問視されました。

人類中心主義と精神性の変化

人間の宇宙の中心

教義の変更の結果は、新しい一般的な考え方でした。 ここには、人間を最高の存在として、そして宇宙の中心に主人公として持っていた精神的な計画が含まれています。 この種の教義は、理由が人間が進歩し発展するための唯一のガイドでなければならないと考えています。 彼らは教義の原動力としての信仰を持つことから理性へと移ります。 この精神の変化はすべて、当時のすべての信念に革命をもたらしたことを心に留めておく必要があります。

人類中心主義の教義はに基づいていた 人はすべての宗教的および聖書的な神話や物語から独立している存在です。 その瞬間までのこれらすべての話は、人間と社会に特定の行為を実行するか、特定の行動を維持することを強制しました。

人類中心主義の導入による精神の変化の基礎となった主な動きはどれであるかを要約します。

ルネサンス

それはXNUMX世紀に出現し、北イタリアで出現した芸術運動です。 この芸術的な動きは、絵画、彫刻、建築を通して表現され表現される可能性があります。 ルネッサンスの名前は、このスタイルで古典的およびローマの伝統のいくつかの特徴が使用されたという事実に由来しています。 人類中心主義がこの時代全体を支配することに成功したことを考えると、多くの芸術家は彼らの表現を作品に翻訳する機会を得ました。 例えば、 古典的なギリシャローマの芸術によって作られた人体の多くの表現がありました。 時間の経過とともに失われた他の調和とプロポーションのテクニックを回復するのに役立ついくつかの芸術的な流れもありました。

人類中心主義により、ルネッサンスはヨーロッパ中に広がり、XNUMX世紀まで効力を維持しました。

ヒューマニズム

これは、人類中心主義が要約されたもうXNUMXつの知的運動です。 それはXNUMX世紀までにイタリアで発生した可能性があり、次のようなさまざまな分野で表現されました。 哲学、文学、神学でした。 彼が人類中心主義に課した哲学は、古典的なギリシャとローマの伝統を取り戻すために来ました。 これらの古典的な伝統はまた、人間を研究の対象および中心として位置づけ、宇宙の中心であることに責任を負っています。

人道主義が蔓延したこの時期を通して、いくつかのギリシャローマの作品のさまざまな翻訳と普及が行われました。 これらの作品は、中世のテオセントリズムの存在のために隠されたままになります。 人間は宇宙の中心であり、すべてのことに責任があると考えられていましたが、 宗教が完全に放棄されたことは一度もありませんでした。 人道主義はヨーロッパ中に広がり、XNUMX世紀からXNUMX世紀の間にピークに達しました。

人類中心主義の基本的な側面

人道主義の文化

教義としての人類中心主義の主要な基本的側面を分析します。 主な特徴はそれであることに注意してください 神ではなく人間が思考の中心に位置しています。 その結果、彼らは当時の社会に広まっていた残りの考えや流れから生まれました。

この教義の特徴のおかげで、私たちは人間に完全な自信を見いだします。 それは、人間の創造物であるすべてのものと、環境を支配することができるこの能力に完全に信頼されていました。 栄光と個人的な名声は、すべての人の目標です。 名声、栄光、権力、名声に高い価値が与えられました。 彼らは、人間にとって価値をナビゲートする野心と見なされるようになりました。 つまり、名声や権力を持たない人々には価値がありませんでした。

これらすべてがさらなる楽観主義を引き起こしました。 地上の生命に対するより大きな懸念がありましたが、 人間がここを楽しむために生き、今や普及しているという考え。 これはとして知られています 今を楽しめ。 そしてそれは、世界が通過の場ではなくなり、全体を楽しむのに役立つ場所になったということを意味しました。

この情報で、人類中心主義とその特徴についてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。