世界で最も霧の多い場所

世界で最も霧の多い場所

霧は小さな水滴によって形成される濃い雲で、水平距離 1 km 未満の視界が大幅に制限されます。半島では通常、XNUMX 月、XNUMX 月、XNUMX 月、XNUMX 月の寒い時期に長期間霧が発生します。この期間中、大気の状態が安定すると、大気の下層に輻射霧と移流霧が発生します。の 世界で最も霧の多い場所 それは、ビーチ、湖、森林、川、貯水池です。

この記事では、世界で最も霧の多い場所はどこなのか、そして霧はどのように発生するのかについて説明します。

霧はどのように発生するのですか?

石灰の中の霧

長く続く霧は世界のいくつかの地域で発生しており、世界気象機関は地球上で最も曇っている場所の公式記録を持っていないかもしれませんが、広範な分析と研究は、この大気の先駆者としてさまざまな地域を一貫して指摘しています。現象。霧の発生は、次のような場合に発生する大気現象です。 空気中の水蒸気が小さな液滴に凝縮し、微粒子の懸濁液が生成され、視界が低下します。。このプロセスは通常、気候と地理的要因の組み合わせによって引き起こされます。

まず第一に、温度と湿度は霧の形成に関与する変数です。高温多湿の空気が地面や水域などのより冷たい表面に接触すると、結露が発生します。この結露は、熱い空気には冷たい空気よりも多くの水蒸気が含まれる可能性があるために発生します。温度差により水蒸気が冷却され、小さな水滴に凝縮されます。

晴れた夜は通常、霧が発生しやすくなります。これは、このような条件下では、地球が日中に蓄積した熱を急速に放出し、地表近くの空気層を冷やすためです。その上、 川、湖、土壌水分などの液体の水が存在すると、凝縮に利用できる水蒸気の量が増加する可能性があります。

山岳地帯では、地形が霧の発生の決定要因となります。湿った空気が斜面を上昇すると、冷却されて飽和状態になり、水蒸気が凝縮して細かい水滴となり、霧が形成されます。丘の中腹霧として知られるこのタイプの霧は、山岳地帯や渓谷でよく見られます。

これらの要因に加えて、塵、煙、エアロゾルなどの空気中に浮遊する粒子の存在により、水蒸気が付着するための凝結核が形成され、霧の形成プロセスが加速される可能性があります。

霧が発生しやすい場所

霧の形成

プラヤ

ビーチでは、水と周囲の空気の温度差により霧が発生することがあります。一晩中、 気温が下がると、海水は熱をより長く保持します。この温度差により水面上の空気が急速に冷え、水蒸気が凝結して海岸霧が形成されます。この現象は海岸沿いの気候でよく見られ、ビーチでの朝に神秘的な側面を加えます。

湖、川、貯水池

これらの場所では、霧の形成は通常、潜熱の放出に関連しています。日中、これらの水域は太陽放射を吸収し、熱を蓄えます。夜になると、この熱がゆっくりと放出され、水面に接している空気の層が暖められます。 気温が下がると水蒸気が凝結し、霧が発生します。 このタイプの霧は淡水霧として知られており、湖や川の環境に神秘的な風景を生み出すことがあります。

森林で霧が発生するのは、植生による水分の放出が原因である可能性があります。夜間、植物は蒸散と呼ばれるプロセスを通じて水蒸気を大気中に放出します。温度が下がると、この水蒸気が凝結する可能性があり、 林冠に特徴的な霧を発生させます。 この種の霧は森林の湿度を高め、その生態系に直接的な影響を与えます。

世界で最も霧が多い場所を知る

ワシントンをマウント

ワシントン山

ワシントン山は、年間 300 日以上の霧を記録したという注目すべき成果を持っています。さらに、この地は、時速 372 キロメートルという驚異的な速度に達する表面風と、これまでに記録された中で最も寒い体感温度を特徴とする、最も厳しい気象条件を持つ目的地として認識されています。 冷たい風と摂氏マイナス44度まで急降下する気温の組み合わせ。

ポイントレイズ

米国カリフォルニア州にあるポイント レイズ クリフは、驚くべき自然の形成物です。すぐ先にはポイント レイズの断崖があり、日中でも海岸線を垣間見ることができない船への標識として象徴的な灯台が立っているエリアです。ワシントン山の場合と同様、文書化されたデータによって次のことが確認されています。 この場所では毎年霧が発生する日が非常に多く、その日数は合計 200 日をわずかに超えています。。緑豊かな風景はアイルランドを想起させ、狭い二車線道路にぽつんと家が点在し、最大限の注意が必要であることを強調している。

ニューファンドランド島

カナダの最東端には霧に悩まされる地域があり、トレパッシーやアルゼンチンなどの都市は年間 200 日以上霧に悩まされています。首都セントジョンズでさえ、 この現象は年間約 185 日発生します。この地域の霧は地下水の蒸発によって発生します。湿った空気が冷えると、凝縮して非常に低い高度に浮遊する小さな水滴で構成される雲が形成されます。ポイント・レイズ・クリフやワシントン山とは異なり、この島はほとんどが人が住んでおり、世界で最も霧の多い場所の明白なチャンピオンとなっています。

ポーバレー

イタリア北部に位置するポー渓谷では、その独特の地形と特有の気象条件により、霧が頻繁に発生します。アルプスやアペニン山脈などの山脈に囲まれた広大な河川平野です。秋から冬にかけて、この地域の夜は寒くなり、 川、運河、地面の湿気の存在は、霧の形成に顕著に寄与します。

夜になると地球は急速に冷え、日中に蓄えられた熱が放出されます。ポー川などの河川や他の水域が近くにあるため、熱が蓄えられ、平野上に湿った空気の層が生成されます。この暖かく湿った空気の層が夜間の低い気温と接触すると、存在する水蒸気が凝縮し、ポー渓谷に濃い霧が形成されます。

この情報によって、世界で最も霧の多い場所とその形成方法についてもっと知ることができれば幸いです。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。