メソスフィア

中間圏とガス

地球の大気はさまざまな層に分かれており、それぞれが異なる組成と機能を持っています。 に焦点を当てましょう メソスフィア。 中間圏は、成層圏の上と熱圏の下にある、地球の大気のXNUMX番目の層です。

この記事では、中間圏とは何か、その重要性、構成、特徴について説明します。

主要な機能

大気の上層

中間圏は、地球から約50キロメートルから85キロメートル上に広がっています。 厚さは35キロです。 地球までの距離が長くなる、つまり高度が高くなると、中間層の温度は低くなります。 暖かい場所では、気温が摂氏-5度に達することもあります。 しかし、他の高度では、気温は摂氏-140度まで下がります。.

中間圏のガスの密度は低く、酸素、二酸化炭素、窒素で構成されており、その比率は熱帯圏のガスとほぼ同じです。 XNUMXつの層の主な違いは、中間層の空気の密度が低く、水蒸気含有量が低く、オゾン含有量が高いことです。

中間圏は、ほとんどの流星と小惑星が地球の表面に到達する前に破壊するため、地球の保護層です。 それはすべての大気の中で最も冷たい層です。

中間圏が終わり、始まる領域 熱圏は中間圏と呼ばれます。 これは、温度値が最も低い中間圏の領域です。 成層圏と中間圏の下限は成層圏界面と呼ばれます。 これは、中間層の温度値が最も低い領域です。 北極と南極の近くの中間層に、「夜光雲」と呼ばれる特殊なタイプの雲が形成されることがあります。 これらの雲は、他のどのタイプの雲よりもはるかに高く形成されるため、奇妙です。

「ゴブリンライトニング」と呼ばれる非常に奇妙なタイプのライトニングも中間層に表示されます。

中間圏機能

大気の層

中間圏は、私たちが地球の大気に侵入するのを防ぐ天体の岩の層です。 隕石と小惑星は、空気分子との摩擦によって燃焼し、「流れ星」としても知られる明るい隕石を形成します。 毎日約40トンの隕石が地球に落下すると推定されていますが、中間層はそれらを燃やし、到着する前に表面に損傷を与える可能性があります。

成層圏のオゾン層と同様に、中間層も有害な太陽放射(紫外線)から私たちを保護します。 オーロラとオーロラは中程度のレベルで発生しますこれらの現象は、地球の特定の地域で高い観光価値と経済的価値を持っています。

中間圏は、全気団の0,1%しか含まれておらず、最大-80度の温度に達する可能性があるため、大気の最も薄い層です。 重要な化学反応がこの層で発生し、空気の密度が低いため、宇宙船が地球に戻るときに役立つさまざまな乱流が形成されます。これは、宇宙船が空力ブレーキだけでなく、背景の風の構造にも気づき始めるためです。船。

中間圏の終わりには中間圏界面があります。 中間圏と熱圏を隔てる境界層です。 高さは約85〜90 kmで、気温は安定していて非常に低くなっています。 化学発光および空気発光反応はこの層で起こります。

中間圏の重要性

メソスフィア

中間圏は非常に高く、飛行機や熱気球が通過できないと同時に、低すぎて人工飛行に適さないため、常に探査と研究が最も少ない大気でした。 多くの衛星が大気のこの層を周回しています。

観測ロケットを使った探査と研究により、この大気層が発見されましたが、これらの装置の耐久性は非常に限られているに違いありません。 ただし、2017年以降、NASAは中間層を研究できるデバイスの開発に取り組んでいます。 このアーティファクトはナトリウムライダー(光と距離の検出)と呼ばれます。

低温によるこの層の過冷却-および大気の層に影響を与える他の要因- 気候変動がどのように進化しているかの指標を表します。 このレベルでは、東西方向を特徴とする帯状の風があり、この要素はそれらがたどる方向を示します。 さらに、大気潮汐と重力波があります。

大気中で最も密度の低い層であり、呼吸することはできません。 また、圧力が低すぎるため、宇宙服を着ていない場合は、血液や体液が沸騰します。 研究がほとんど行われておらず、さまざまな非常に印象的な自然現象が発生しているため、神秘的と見なされています。

夜行性の雲と流れ星

中間圏で いくつかの非常に特殊な自然現象が発生します。 この一例は、エレクトリックブルーの色が特徴で、北極と南極から見ることができる夜行性の雲です。 これらの雲は、流星が大気に衝突して一連の塵を放出したときに作成され、雲からの凍結水蒸気が塵に付着します。

夜光雲や中間ポーラー雲は通常の雲よりもはるかに高く、高さは約80キロメートルですが、対流圏で観測される通常の雲ははるかに低くなっています。

流れ星もこの大気の層で起こります。 それらは中程度のレベルで発生し、それらの目撃は常に人々によって高く評価されてきました。 これらの「星」は、大気中の空気との摩擦によって生成され、輝きを放つ隕石の分解によって生成されます。

この大気で発生する別の現象は、いわゆるエルフ光線です。 それらは1925世紀後半に発見され、XNUMX年にチャールズウィルソンによって展示されましたが、 その起源はまだ理解するのが難しい。 これらの光線は通常赤で、中間圏に現れ、雲から遠くに見ることができます。 それらの原因はまだ明らかではなく、それらの直径は数十キロメートルに達する可能性があります。

この情報で、中間圏とその特性についてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。