湿地

ヒュームデール

生態学的に非常に重要で生物多様性の維持が重要な自然生態系の中には、 ヒュームデール。 毎年の目標は、これらの貴重な自然生態系を保護する必要性を人々に認識させることです。 したがって、毎年2月XNUMX日は世界湿地の日です。 湿地は、土壌が恒久的または定期的に水に浸かっている生態系です。 これは、淡水生態系やある程度の塩分濃度のある地域で発生する可能性があります。

この記事では、湿地とは何か、湿地の主な特徴は何か、そして湿地の重要性について説明します。

湿地とは

湿地の生態系

それは、洪水によって定期的または恒久的に水没した土壌に基づいた、生態学的バランスのとれた自然の生態系です。 これらの生態系は、淡水がある場所や塩水がある場所に現れる可能性があります。 これらの特性により、湿地は 大量の生物多様性を維持し、比類のない生物多様性を自然の富に与えます。

世界湿地の日は、湿地が私たちの将来の持続可能な生活にとって重要であるため、湿地の重要性を強調しています。 湿地は自然のものでも人工のものでもかまいません。 特定の種類の自然湿地は、湿地、一部の湿地とその河岸地域、泥炭地などに拡大する可能性があります。 一方、人工的に作成または改変された湿地を見ることができます。 環境条件が許す限りいつでも、一時的かつ恒久的に人工的に水分を保持することができます。

一般に、これらのタイプの人工湿地は、絶滅の危機に瀕している生物多様性を保護するために作られています。 また、観光目的で環境サービスを提供し、自然保護の価値を広めるためにも使用されます。

湿地の種類

自然生態系の重要性

これらの湿地はとても豊かであるため、自然を保護するための重要なツールになっています。 湿地にはさまざまな種類があり、湿地を構成する水の種類やその他の私たちが従わなければならない特性によって分類されます。 湿地の種類の主な違いは水の種類です。 淡水湿地と塩水湿地を発見します。 また、自然湿地と人工湿地を区別することもできます。

さまざまな種類の湿地が何であるかを見てみましょう。

  • 川の湿地:自然の特徴と淡水の種類を備えた湿地です。 それらは通常、川、小川、滝で構成されています。
  • 湖の湿地:それらは湖といくつかの自然の淡水ラグーンを通して形成されます。
  • 熱帯の宮殿:小さな泉、オアシス、氾濫原、沼地の森、沼地、沼地のある地域が含まれます。 このタイプの湿地の主な特徴は、それらすべてに天然資源があり、水が新鮮であるということです。
  • 海洋湿地: 名前が示すように、それらは自然の湿地ですが、それらは塩水で構成されています。 それらは通常、いくつかの岩が多い砂浜やいくつかの砂利地帯など、海が浅い沿岸環境に現れます。
  • 人工的な: それらは、一定量の水を貯蔵または制御することを目的として、人間の働きから生成される湿地です。 ここでは、貯水池とダムを見ることができます。 それらはまた、保護された動植物の特定の量または種を保存する目的を持っているかもしれません。
  • 河口: 多くの川は、最終的な河口の前に河口を形成し、いくつかの湿地が生成されます。 それらの主な特徴は、それらが河口からの塩水で構成されており、それが天然起源であるということです。 時にはそれは塩水湿地やマングローブ地域を形成することができます。
  • 塩水湖湿地: 見た目は以前のものとよく似ていますが、沿岸部にある湖もラグーンも荒々しいです。 それらはまた自然な起源を持っています。

主要な機能

沿岸水域

生態系が湿地と見なされるためには、次の特性を満たしている必要があります。

  • 考えられています 水生システムと陸生システムの間の移行領域または段階的な変化。 つまり、ある生態系と別の生態系の特性の一部を保持しているため、混合生態系と見なされます。 一部の部分は陸域生態系に焦点を当てている一方で、他の部分は海洋生態系に焦点を当てていることがわかりました。
  • それらは洪水地帯であるため、一時的または恒久的な地域である可能性があります。 一時的なエリアは、大雨が降ると簡単に浸水する小さな窪みのある場所に現れます。
  • 湿地の水は停滞した水でなければなりません, 小川、淡水または塩水、および特定の深さの小さな海域を含みます。 湿地の潮汐効果は非常に低いです。 通常、この効果は6メートルを超えることはありません。
  • 湿地の限界は、各地形の植生の種類によって決まります。 植生は親水性です。つまり、水をまきやすい傾向が必要です。 非親水性の植生と、湿地の境界を表す植生を区別することもできます。湿地では、別の生態系が完全に陸域の環境で終わり、始まります。
  • 湿地は多くの種にとって理想的な生息地です特に、世界中の湿地で餌を食べて休む渡り鳥。 また、哺乳類、爬虫類、両生類、魚、昆虫などの動植物も見つけることができます。

湿地の生態学的重要性

湿地は、自然が正常に機能するための非常に重要な生態系です。 それらは、多数の鳥、魚、その他の動物群の生物多様性を宿すことができます。。 彼らはまた、水に依存する植物を開発します。

私たちが人間の世界に付加価値を与えると、湿地は食糧生産のための地域を作り、米のように成長するために大量の水を必要とする可能性があります。 湿度を維持するために非常に重要な他の要因は、表面や帯水層を含む水循環の調節です。 また、砂防や養分循環の調節にも積極的に関わっています。

このため、湿地の大部分には自然保護区と見なされる保護体制があります。 保護体制のこれと権力のカテゴリーでは 経済活動は研究に限定されています そして非常に制御されている観光客の入り口。 これはすべて、最大の生物多様性を保護するために行われます。

この情報で、湿地とは何か、そして湿地の重要性についてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。