ヒドロキシル

グループ ヒドロキシル 酸素原子と水素原子で構成され、水分子に似たものです。 それは、グループ、イオン、またはラジカルなどのさまざまな化学形態で見つけることができます。 有機化学を研究するすべての人々にとって、このグループの原子の反応と重要性を知ることは不可欠です。 また、硫黄やリンでも可能ですが、炭素原子と必須の結合を形成することができます。

この記事では、ヒドロキシル基の特性と、それが有機化学において持つ重要性について説明します。

主要な機能

有機化合物

無機化学の観点からヒドロキシル基を分析すると、それがイオンとしてより多く関与していることがわかります。 つまり、それと金属の間に存在するレースのタイプは共有ではなく、イオン性です。 このため、ヒドロキシル基は、多くの化合物の特性と変換を定義するのに役立つ重要な要素になっています。

ヒドロキシル基は、cで定義されるラジカルに結合しています。アルキルの場合はRの文字で、芳香族の場合はArの文字で。 科学について私が最も知っているのは、それが結合する分子にヒドロキシル基を与えるものです。 最良の答えは、そのプロトンの研究にあります。 そして、プロトンは強塩基によって奪われて塩を形成する可能性があるということです。 これは、水素結合によって相互に接続されている他の周囲のグループとも相互作用する可能性があります。 さらに、ヒドロキシル基について最も重要なことは、それがどこにあっても、それが水の形成の潜在的な領域を表すことができるということです。

ヒドロキシル基の構造

有機化学

ヒドロキシル基は、有機化学の観点から非常に興味深い分子になっています。 水分子は角張った形をしており、ブーメランのように見えます。 片方の端を切ると、つまりプロトンを取り除くのと同じです。 さまざまな状況が発生する可能性があります。 水分子は ヒドロキシルラジカルまたはヒドロキシルイオンに変換されます。 ただし、どちらも線形の分子形状を持ち、電子的ではありません。

これらの結合はすべて、常に整列した状態を維持できるようにXNUMXつの原子に向けられているという事実によるものです。 ハイブリッド軌道の場合も同じではありません。 異なる分子が互いに混合できるようにするためのヒドロキシル基の鍵には、水素結合が必要です。 これらの水素結合はそれ自体では強力ではありませんが、ソースの数が増え、構造内のヒドロキシル基の数が増えると、効果は倍増します。 水素結合の数のこの増加は、化合物の物理的特性にも反映されます。

水素結合では、原子が互いに反対側に配置されている必要があります。 XNUMXつのヒドロキシル基のいくつかの酸素原子があり、XNUMX番目の基の水素と直線を生成できるように配置する必要があります。 これはやや複雑ですが、頻繁に発生します。 このようにして、次のような非常に特殊な空間配置が発生します。 DNA分子の構造内で何が起こるか。 これは、DNAを構成する窒素塩基間で発生します。

ヒドロキシル基の数は、分子に対する水の親和性に正比例する構造と呼ぶことができます。 それをよりよく理解するために例を挙げます。 砂糖は、疎水性の炭素構造を持っていますが、ヒドロキシル基が多いため、 水に非常に溶けやすくなります。

イオンとその機能

ヒドロキシル基とイオンは非常に似ていますが、化学的性質が異なります。 ヒドロキシルイオンは非常に強い塩基であり、プロトンを捕捉することによって機能します。 強制すると水に変わることがあります。 そして、これは負に帯電し、完了するためにプロトンを必要とする不完全な水分子です。 一方、ヒドロキシル基のため 完了するためにプロトンを捕捉する必要はなく、非常に弱い塩基のように動作します。 それは非常に強い塩基に対してのみそうしますが、それはプロトンを寄付することができます。

正の核は、電気陰性環境の結果として電子的欠陥に苦しむ分子内の原子です。

ヒドロキシル基と気象学

気候変動に対するヒドロキシル

他のガスを分解する空気中の一種の洗剤として機能することを私たちは知っています。 ヒドロキシル基がメタン濃度の主な制御であることがわかっています。 メタンガスは温室効果ガスであり、濃度が 地球温暖化への貢献における二酸化炭素。 メタンガスは大気中にはあまり見られませんが、二酸化炭素よりも多くの熱を保持することができます。

NASAの博士研究員が主導する新しい研究があり、ヒドロキシルラジカルが自分自身をリサイクルし、 一定の大気中濃度を維持することができます。 この濃度は、メタンの排出量が増加しても、時間の経過とともに維持されます。 したがって、ヒドロキシルの役割を理解することは、メタンと大気の耐用年数を理解するために不可欠です。

科学者たちは、メタンガスの濃度と排出量が増えると、ヒドロキシルラジカルの量が地球規模で枯渇する可能性があると指摘しています。 このようにして、メタンの耐用年数が延長され、地球温暖化につながる問題が発生します。 メタンの寿命を延ばすことで、大気をきれいにすることはできなくなります。 ヒドロキシルとメタンの主な供給源とそれらがどのように反応するかが観察されています。 このグループのリサイクルは、メタンが分解し、他のガスの存在下で再形成した後に発生します。 ヒドロキシル濃度は、時間の経過とともに非常に安定しています。 メタンと反応したときに必ずしも消えるわけではありません。

この情報で、ヒドロキシル基とそのすべての重要性についてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。