ソーラーパネルのエネルギー生産量は年間を通してどのように変化するか

ソーラーパネル

年間を通じたソーラーパネルとその発電量の変動は、季節ごとに受ける日射量の違いに影響されます。さらに、ソーラーパネルのサイズと方向は、その性能を決定する上で重要な役割を果たします。

この記事では、あなたに伝えます ソーラーパネルのエネルギー生産量は年間を通してどのように変化するか そしてどのような側面を考慮する必要があるか。

ソーラーパネルのエネルギー生産量は年間を通してどのように変化するか

光光セル

年間を通じて、ソーラー パネルの性能と発電量に影響を与えるさまざまな要因が影響します。ソーラーパネルからの電力生産に関して言えば、 多くの要因が生成されるエネルギー量に影響を与える可能性があります。ただし、要因のカテゴリは次のとおりです。

  • 特定の場所の日射量
  • 屋根またはパネルが設置される面の向き
  • 特定の季節における影の存在
  • その地域で体感される平均気温。

ソーラーパネルの発電能力に影響を与える具体的なソーラーパネルの特性は何ですか?

ソーラー パネルの出力を決定する際に考慮すべき主な要素は、生成可能な最大電力量を表す最大ピーク ワット (Wp) です。

メーカーの最大定格は、一般的な状況下での中断のない直流 (DC) 電流を指します。これらの評価を実行する手順は次のとおりです。

  • 1000平方メートルあたりXNUMXメガジュールの太陽放射が流入し、
  • 気温は25℃です。

このような正確な条件の出現は、年間を通して日常的な現象ではないため、私たちの制御を超えた気候要素の存在を考慮する必要があります。ただし、欧州委員会の PVGIS によって提供される標準化された形式は、あらゆる場合に引き続き適用されます。

ソーラーパネルの構成には、複数の太陽電池の組み合わせが含まれます。 2021 年に現在市場に販売されている住宅用ソーラー パネルの出力定格は 350 ~ 455 Wp (ワット ピーク) の範囲です。 約66~96個の太陽電池で構成されています。。さらに、最大 500 ワットのピークを出力できる、より大きなオプションも利用できます。

当然のことながら、ソーラーパネルによって生成される電力のレベルは、メーカーが指定した電圧に正比例します。ソーラーパネルからの発電量は、年間を通じて季節変動の影響を受けます。

地方は次のことを認識することが重要です。 これらの地域は同じ量の日射量を受けているわけではなく、これらの州内の季節変動についても同様です。。したがって、夏と冬では生産性が異なることを考慮する必要があります。

ソーラーパネルはいつエネルギー生成プロセスを開始しますか?

ソーラーパネルのエネルギー生産量は年間を通してどのように変化するか

最初の太陽光線が現れた瞬間から、ソーラーパネルはエネルギーを生成し始めます。ただし、生成されるエネルギー量は 1 日を通して変動し、太陽が天頂に達する正午に最高値に達します。エネルギーは朝と午後にも生成されることを認識することが重要ですが、エネルギーの強さは次のとおりであることを理解することが不可欠です。 日射量は空の太陽の位置によって変化し、太陽光発電システムの生産に影響を与えます。

太陽光発電パネルの設置を検討するとき、最初に生じる疑問の 2200 つは、スペインが受け取る太陽光の量です。幸いなことに、スペインは毎年かなりの量の日照量があり、太陽エネルギーを利用するのに最適な場所です。平均して、私たちの国では、コミュニティごとの具体的な自治にもよりますが、年間 3000 時間から XNUMX 時間の日照時間があります。これにより、太陽放射の十分な供給が確保され、太陽エネルギーは収益性が高く信頼性の高い投資として定着します。

スペインで、 日射のピーク時間は通常、正午と午後の早い時間に一致します。国の南部に位置するアンダルシアとムルシアの地域を調べてみると、太陽エネルギーを利用するのに理想的な環境が整っていることがわかります。ただし、これらの条件は時期によって異なる場合があることに注意することが重要です。

スペインにおける月ごとの太陽光発電量の分布は次のとおりです。

  • 太陽光発電は1月から3月にかけて減少、その後4月から6月にかけて増加しました。
  • 7月から8月にかけて太陽光発電はピークに達します、最大のエネルギーパフォーマンスを提供します。暦が9月に向かって12月に進むにつれて、太陽​​光発電は徐々に減少し、その結果、生成されるエネルギー量が減少します。

変動に関係なく、わが国では太陽光発電パネルは年間を通じてかなりの性能を発揮します。ただし、日照時間の長さは、収益性を最大化する上で重要な役割を果たします。

方向に応じたソーラーパネルからのエネルギー生産

太陽エネルギーの生産

方位も太陽エネルギーの生成に影響します。主な方向は南と東西の 2 つです。ここでは両方のケースについて詳しく説明します。

  • 上: 一般的には南が最も一般的です。パネルをこの方向に向けることができれば、スペインでの太陽エネルギーの生産を最大化できます。これにより、パネルが一日中最大限の太陽光を受けることが保証されます。
  • 東西方向: パネルを南向きに配置できない場合は、東西向きが良い選択肢になる可能性があります。東向きのパネルは朝の光を取り込み、西向きのパネルは午後の光を利用します。

これらのガイドラインにもかかわらず、ソーラー パネルの最適な向きはいくつかの要因によって異なります。したがって、太陽光発電設備から最大限のパフォーマンスが得られるように、ご自宅に最適な設置方法を決定するには、個別の検討を行う必要があります。

この情報により、太陽電池パネルのエネルギー生産が年間を通してどのように変化するかについてもっと知ることができれば幸いです。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。