月、太陽、地球を大文字で書くのはいつですか?

月は天文学的な文脈で大文字になります

時々私達はについて書いています 太陽、地球、月、そして私たちがそれをしている文脈に応じて、私たちは大文字を使わなければなりません。 教師がスペルミスを考慮し、他の人は考慮しない場合があります。

これらの要素を参照するために大文字を使用する必要があるのはいつですか。その理由は何ですか。

太陽、地球、月

太陽は天文学的な文脈で大文字になります

天文学的な文脈では、 月は太陽や地球のように大文字にする必要があります、これらの要素をそれぞれのオブジェクトの指定名と呼ぶためです。 ただし、星自体、または派生的または比喩的な使用法を参照する場合は、これらの要素を小文字で記述します。

大文字にする必要がない状況があります。 たとえば、「日光浴をするためにビーチに行く」というフレーズでは、太陽を指定名として参照していないため、「太陽」という単語を大文字にする必要はありません。 ただし、「惑星は太陽を中心に回転する」という表現では、太陽を名前と呼んでいるため、大文字にする必要があります。

その他の非天文学的な文脈

地球は天文学的な文脈で資本化されています

これらの天文学的な文脈の外で、まっすぐな使用法と派生的または比喩的な使用法の両方で、 それらはすべての通常において小文字の頭文字で書かれています。 この推奨事項は、特に次のような表現に適用されます。 日光浴、太陽が昇る、太陽になる、満月、新月、月明かり、新月、月を求める、地球の継承されていない および他の同様のもので、引用符やイタリックなどのハイライトは必要ありません。 地面を指す場合、地面は常に小文字で表記されます。「飛行機は着陸する可能性があります」。

結論として、天文学的には、太陽、地球、月はそれらの名前であるかのように大文字で書かれていると言えます。 自分の名前を小文字にするようなものです。 このように、私たちはそれらを書くときに再び間違いを犯すことはありません。

 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。